沖縄県知事の翁長雄志知は9月21日、スイスで開かれた国連人権理事会で、「沖縄の人々は、自己決定権や人権をないがしろにされている」と訴えました。売国行為に勤しむ翁長雄志ですが、やはり中国共産党の犬のようです。中国共産党と翁長雄志のズブズブの関係を青山繁治さんが暴露しています。
青山:翁長さんが那覇市長の時期に、中国共産党の工作機関がどうやって接近したか? 沖縄県在住の華僑の方、或いは県庁の内部職員から情報が提供されて、日本の情報機関はほぼ全部を把握しています。

九州の福岡に中国の総領事館があって、そこに総領事がいらっしゃるんですね。現在の総領事の前の時代に中国共産党から支持がおりて、「仲井間知事は高齢だから、仮に三選を目指したとしても恐らく当選できない」「出ないだろう」と。元々沖縄は敗戦後、或いはその前の時代から、トップは二期までしかやっていないんですよ。中国はそれを考えて「三選は無い」と思ったんです。実際はお出になって落選したんですが― 何れにしろ「仲井間は終わりだ」と。その秘密文書には「仲井間知事は我々に非協力的だった」と書いてあるんです。

これは僕にはよく分かる話しで― 仲井間さんと二人きりで知事応接室で会っていた時にこう仰ったんですよ。「私の家系は中国からやってきた渡来人。そういう家計だからこそ中国の狙いが大変よく分かる。尖閣諸島で止まるはずはなく、必ず沖縄本島を狙ってくる。それも直接侵略するような分かり易いやり方ではなく、まず文化で侵略してくる」と。孔子学院というのを沖縄県に作ってしまって― 孔子学院は中国語の語学スクールということになっているけれども「中国共産党が正しい」という事を語学のテキストから刷りこんでいくやり方で― これは工作活動ということで、アメリカの大学で大問題になっている。沖縄では工作活動とは言われずに、孔子学園で中国語を学ぶ人が増えている。仲井間さんはこれを心配して― 

なぜ僕にその話をされたかというと、「東京に行って総理大臣に話しても、なかなか胸襟を開いてくれない。青山さんは全く利害関係を持たない自由な立場で聞いているから、東京に行って聞いてほしいことがある。本当に中央は大丈夫なのか? 中央の与党の中にも親中の先生方が沢山いて、歴代の総理の中にも中国と関係の深い人が沢山いる。そういう中央の政治が中国が本当に沖縄本島に手を伸ばしてきた時に沖縄をちゃんと守るのか? 尖閣諸島の現状を見ると心配だから、本気で守る気があるのか確かめてください」と言われて― 僕は正しい問題認識だと思って、東京でその時の総理も含めてお会いしたり電話したりして― もちろん「守りません」と言う人はいないけど― 本土の人間として沖縄に行って仲井間知事に話しをしたら、「青山さんの話しは分かったけど、やっぱり信用できない」と。どうなさったかというと、県庁の中に「安全保障課」を創ったんです。安全保障課が出来るとビックリするでしょう。だって安全保障は国の仕事ですから。僕は「安全保障は国家がやるべきものであって、自治体が介入するのは可笑しい」と言ったんですよ。仲井間さんはご機嫌斜めになったけど、その後色々考えられて安全保障課に「地域」という名前を付けたんです。「地域安全保証課」を創って― それを見て中国共産党は「仲井間は駄目だ。中国の言うことをきかない」と。

どうしたかというと、福岡の総領事が那覇に入って華僑を集めたんです。その席で「仲井間県政はもう終わりだ。我々は良き候補者を探した。那覇市長の翁長雄志がなかなか見どころがある。この人物は自由民主党の沖縄県連幹事長をやった人間だが、自由民主党には中国共産党は太いパイプを持っている」と。翁長さん一人の問題じゃないんですよ。自民党が如何に腐っているかということでもある。その総領事は胸を張りながら「中国共産党は、自民党にも民主党にもその他の政党にも太いパイプを持っている」と言ったそうですよ。その上で「翁長には接触を始めていて、見どころがあるからこれを支えろ。資金協力しろ」という話しをして― その後に福岡の総領事が交代したんです。中国共産党の序列でもっと高い人物が総領事館にやってきて、その人物が直接知事選を指揮したんです。知事選をやっている最中― 翁長さんを両立した時に再び華僑を集めて何を発言したかというと「知事選の目的は2つある。一つはアメリカ軍を追い出すこと。その為には普天間問題は非常に良いテーマである。もう一つは琉球を独立させる話しを盛り上げること。翁長が当選したら現実の問題にしていくから、その時に世論を― 大学であったり、学者であったり、ジャーナリストであったり、メディアであったり― そういうところに強力な資金を使って琉球独立論を盛り上げろ」と言って― その際に「これは中国共産党の直接の指示である。分かっているな」と華僑の方々に言ったそうです。

日本の情報機関はこれを全部掴んでいます。でも日本にはスパイ防止法が無いので掴んでいるだけ。

引用:虎ノ門ニュース 8時入り![2015/9/24]
翁長さん、全部ばれていますよ。