「日本の安全保障環境で一番の癌はマスメディアのあり方」 安保法制に於けるマスゴミの偏向報道を考える

安保法制関連の一連の報道を見ていると、見るに堪えない程に偏向していました。日本のマスゴミの偏向報道について、上島嘉郎さんが苦言を呈しております。
上島:中国の脅威を身近に感じているアジアの国々は、日本の安保法制に関して反対している国は無いんですよね。寧ろ「日本は応分の責任をきちんと果たしてくれ」という声の方が大きいわけですよ。歴史認識問題もそうだけど「アジアの声を聞けと」いう時にメディアが伝えるのは、中国と朝鮮半島の声ばかりですよね。

ベトナムの共産党書記長が丁度来日していて、都内で講演したんですね。そこでなんと言っているかというと、「中国と領有権を争う南シナ海問題について、シーレーンは日本の利益に直接かかわる。日本も防衛の責任がある」。日本との安全保障協力に期待を表明しているんですね。その上で「日本はより大きな役割を果たすべきで、ベトナムは一貫して日本の国連安保理常任理事国入りを支持している」と語っているんですね。どれほどの信頼を日本に寄せているかという表明にもなるわけですよね。中国とのトラブルを抱えているフィリピンのアキノ大統領も、極めて厳しい口調で習近平を批判し、日本の責任を求める発言を繰り返しているわけですね。

そうしたことが日本国民に伝わっていないというのが問題で― それを伝える責任はマスメディアメディアの役目だと思うけど、彼らはある情報を伝えるけど、ある情報を伝えないという選別を彼らの価値基準でしていて、それが日本国の利益に全くかなっていない。日本の安全保障環境で一番のガンは、このマスメディアの有り方だろうと思っています。

浅野:マスメディアが全然違う体質を持っていれば、結果は大きく違いますよね。

上島:そうですね。「私たちは安保法制に反対です」という意見は良いんですよ。でも「ベトナムはこう言っています。フィリピンはこう言っています」と伝えた上で、「しかしながら私は反対だ」とするべきですよね。こうした声を伝えないまま「徴兵制になる」だとか、「戦争に巻き込まれる」とか、デマゴーグを無責任に振りまく。「戦争法案」と言い換えている事が既にデマゴーグなんですよ。デマゴーグを行っているという自覚も無いとしたら、「精神的に可笑しい」としか言いようがない。その可笑しさに気づいてすらいない。彼らは「自分たちこそが平和の守護者なんだ」という自覚の元にやっているとすれば― 

浅野:凄く良いことをやっていると思っていますよね。

上島:70年前の敗戦によって造られた「閉ざされた言語空間」の中にずっと居続けて― 問題に気づかないままでいる人達の声が、如何にも日本国民の総意であるか如くなってしまっていることが日本の危機ではないかなと。

引用:【遠くの声を探して】騒々しい“民意”を疑え、そこに国民意識は在りや無しや? [2015/9/15]
マスゴミの偏向報道は、いつも以上に酷かったように思いました。

「大嫌韓時代」「日の丸街宣乙女」「朝鮮カルタ」 なぜ青林堂はヒットを連発できるのか?

「大嫌韓時代」、「日の丸街宣乙女」、「朝鮮カルタ」― 出版不況と呼ばれる中、ヒットを連発する青林堂(せいりんどう)。なぜ青林堂はヒットを連発できるのか? 政治活動家の桜井誠さんのお話しです。
桜井:青林堂(せいりんどう)は勢いがあるんですよ。それも路線変更してから押せ押せになっているんですよ。「ガロ」の時代は左派系出版社で、左側の本を出していて、やっぱり受け入れられなかったようなんですね。小林よしのりが20年くらい前に、雅子妃殿下のご成婚パレードについて、雅子妃殿下が爆弾を投げつけるという不敬漫画を書いたんですね。それをゴーマニズム宣言を出していたところが掲載してくれなかったんですよ。それをガロに持って行って、「じゃーウチが出しましょう」ということで掲載して― そしたらガロが始まって以来の売れ行きで、売り切れたというんですよね。このように売れる時もあったけど、全体としてみれば左派系出版社は世に受け入れられなかったわけですよ。

ところが色々な切っ掛けがあって右に舵をとったんですね。「儲かる方に舵を取る」。これは出版社であれ、企業であれ同じだと思うんですよ。舵を右に切ったことによって(ヒットを)連発しているわけですよね。「大嫌韓時代」、「日の丸街宣乙女」もそう。「朝鮮カルタ」もそう。総合一位を幾つも出している。これは考えるべき時に来ているんじゃないかと思うんですよ。

売れないものを作って、「我々はこういう素晴らしい本を出しました」。それは自己満足と言うんですよ。出版不況と言われているけど、見たいもの、聞きたいものを出してくれないから売れないんですよ。「買ってもらえる商品を売る」というのは基本ですよね。これは本屋に限らず、全てのビジネスで同じ事が言えるはずなんですよね。
今まで親韓本ばっかり売っていたから、その反動が来ているわけですよ。顧客を求めるサービスを提供するのが当たり前なんですよ。

今まで出版業界は「色々な本を出す」と言いながら、実際は左に偏り過ぎていたんですよ。だから買ってくれない。で、結局出版社がバタバタ潰れていく。「じゃー皆が見たがるもの、聞きたがるものを売れば良いじゃない」という話しじゃないですか。「朝鮮カルタ」を差別だとか言う馬鹿がいたけれども― 実際に朝鮮半島で使われていることわざをそのまま書いて― ハングルでルビを振っているわけでしょう。もの凄く単純なんですよね。単純なモノがバカ売れして発売前なのに総合一位を獲っちゃった。経営的に苦しい出版業界の皆さんは是非参考にしていただきたいと思います。

引用:【桜井誠】李信恵さんが抗議したらアマゾン1位へ!【朝鮮カルタ】 [2015/9/5]
同じことは放送業界や新聞業界にも言えると思います。テレビ離れ、活字離れが進んだ原因は、そもそも「読者や視聴者が求めるコンテンツを提供していない」からだと思います。読者や視聴者が求めるものをメディアが提供しない。だからネットに取られちゃう。テレビ離れ、活字離れが進んじゃうわけですよ。

ネットによって追い詰められる「沖縄タイムス」と「琉球新報」

インターネットの普及により、マスゴミの一方的な洗脳は不可能となりました。もちろんそれは沖縄も同じ。最近の沖縄2紙の論調の変化について語っておられます。
我那覇:「揺れる安保観 高校生の意識」というタイトルなのですが― これは沖縄県北部の学校の先生のお話しです。「気がかりなのがここ2、3年の空気の変化だ。新基地建設の反対活動について根も葉もない噂を信じる声がある。『糞尿を近くに捨てているんでしょう』『ホームレスを連れてきたと聞いた』。時事問題の一つとして授業で取上げるとこんな意見が出る。情報源はインターネットの書き込みや動画。スマートフォンで情報を見つけた情報を友人に伝える。隠された事実を発見されたかのように」と書いてあるんですけど。

江崎:ヒシヒシと迫る危機感の表れなんです。我々がやっている「沖縄タイムス・琉球新報を糺す会」。「単なる偏向新聞じゃない、彼らは嘘つきだ、捏造新聞だ」ということを発信しています。インターネットというのは玉石混交― 真実もあれば嘘もあります。全くのデマもあります。でも慣れてくれば分かるんですよ。沖縄タイムス、琉球新報の嘘がだんだんネットでばれてきたので、それに対する対策として出しているんですよ。

我那覇:「男性教諭は基地と経済が結び付く構造に疑問を抱く。しかし生徒たちは違う立場から社会を見ている。『基地の交付金があって経済的に助かるから大学に行ける。先生は公務員で安定しているけど私は違う』。返す言葉がなかった」。

江崎:その通り。

我那覇:「男性教諭はかつて側に米軍基地がない南部の高校にも勤務。新基地建設について『サンゴが勿体ない』『戦争で一番の標的になる』という意見が多数を占めた。だがそんな模範解答は北部にはない。生徒たちは幼い頃から基地と向き合った体験で考える。」

江崎:
こういうのが特集みたいに出るようになったのは、彼らの危機感の表れですよ。ネットによって読者がかなり減っています。これは紛れもなくネットの普及によるものなんです。彼らが心をあらためて― 少なくとも捏造報道さえしなかったら我々もこんな事しません。多少の偏向は仕方がないと思っているんですよ。琉球新報、沖縄タイムスの嘘八百は止めてほしいですね。

引用:【沖縄の声】翁長知事、ついに辺野古埋め立て工事の承認を取り消しへ![2015/9/16]
嘘だらけの新聞なんか読みたくないし、そもそも若い人は新聞を読みません。沖縄2紙に限らず、新聞メディアは消えゆく運命にあります。

【捏造】なぜマスゴミは「ダイオキシンは猛毒だ」という捏造をやらかしたのか?

猛毒だと思われていたダイオキシン― 近年では「人間にはそれほど害はない」という学説が主流になっています。メディアによる「ダイオキシン猛毒説」は如何にして流布されたのか? 科学者の武田先生がその裏を語っています。
武田:ダイオキシンは1972年に「動物に対する著しい毒性がある」ということが報告されて― 奇形だとか、生理的な異常だとか、慢性的な疾患が出るという報告でしたね。サリンのような急性毒性とはちょっと違う。

1973年頃から慢性毒性試験が行われました。試験結果が出る前に騒いだ何名かの科学者がいました。1990年くらいに「ダイオキシンは猛毒だ」という本が次々と出版されました。僕も1995年くらいまではそう思っていたんです。本を読んで「凄い毒性だな」と思っていたの。ところがちょっと考えたんです。「1975年から慢性毒性試験が始まってもう分かったの? ちょっと早いな」と。こう思って本を買い直して読み直してみたんですよ。疑いの元に本を読んだら、人間とダイオキシンの関係のデータが無いの。1995年以前のダイオキシンの本には人間のデータがありません。

1999年から2001年に掛けてデータがダーッと出ました。それを見るとダイオキシンの毒性データが出てこないんですよ。2002年に東大の医学部の和田先生が「ダイオキシンは毒じゃない。社会が作り出した毒だ」という論文を出します。その先生は日本毒物学会会長でもあり、免疫学会会長でもあったと思います。「安全だ」という論文を書いて病気が出てきたら東大教授を辞めなければいけなくなるから、よっぽどの覚悟で書かれた。それで論文を読み返して― それでも自分の考えが間違っているかもしれないと思ったので、静岡で行われたダイオキシンの研究会に行った。外では「ダイオキシンが毒だ」と言っているのに、研究会では誰も言っていない。動物に対しては言っているけどね。

(略)
今ははっきりしています。ベトちゃんドクちゃんは遺伝性疾患。ユシチェンコは塩素系農薬です。マスコミがダイオキシンと報道するからダイオキシン患者が出ちゃう。ダイオキシンが毒物だとか、ダイオキシンの患者さんというのはマスコミの創造物でした。マスコミは間違いが分かってからピタッと(報道を)止めました。その時に「ダイオキシンが猛毒というのは嘘でした」とやってくれていたら随分違ったんだけどそれをやらない。だから今でもダイオキシンが毒物だと思う人が多い。

半井:動物には害はあって、人間には害がないというのは何処に差があるんですか?

武田:それは酸素を吸っても死ぬ動物はいますから。たとえば「亜鉛を規制する」というのがあったんですね。ウスバカゲロウは亜鉛で直ぐに死ぬんですよ。だけど人間は亜鉛が無いと味が分からなくなっちゃうし、膝もガクガクするし、必須元素ですよ。ある動物がそうだからといって、人間もそうだとは限らない。その逆のケースがサリドマイド。サリドマイドは動物実験全部OK。猿も大丈夫。ところが人間では手のない子供が出ちゃう。一番ダイオキシンに弱い動物は海生哺乳動物。アシカとか。なぜか? 焚き火をしないからです。ダイオキシンは焚き火すると出てくるんです。山火事とか。それに一回も触れていないので― ダイオキシンは元々生物にある程度毒なんです。ところが人間は自然界にあるダイオキシンの1万倍のレセプターを持っているんです。なんでそうなっているか? 人間は火を使うからです。

僕等はダイオキシンに対して1万倍のレセプターを持っている。世の中が「ダイオキシン」とやっている時にそれが分かっている。でも報道しない。騒いだ方が視聴率上がるから。1800億円の焼却炉利権とか分析費利権― その利権とマスコミがくっ付いて、患者を作り上げていたのがダイオキシンです。

引用:虎ノ門ニュース 8時入り![2015/9/14]
筆者も極最近まで、ダイオキシンは猛毒だと思っていました。

「報道ヘリは救助活動の邪魔をするな」 作家の百田尚樹が報道ヘリについて物申す

甚大な被害を齎した鬼怒川豪雨災害。災害時における報道ヘリは、国民に被害を伝えるという側面がある一方で、救助活動の邪魔にもなります。災害時の報道ヘリについて、作家の百田尚樹さんが苦言を呈しています。
百田:自衛隊のヘリがホバリングしますよね。風の強い日にホバリングするのは凄い危険なんですよね。救助中に揺れたら自分を立て直す為に急速に動かなきゃいけない。ほんの僅かな気流の揺れが、ホバリング中は危険ですから。近くのヘリコプターが撮るという事は気流に大きく影響するんですよね。二次災害が起こるかもしれないし、救助ヘリが自由に動けないということもあるんですよね。

阪神大震災のときにあったんですけど― 救助隊員はひたすら自分の耳を頼りにして、どこかに救助を求める声が無いかということを聞いている。その時に一番邪魔したのが報道ヘリなんですよ。報道ヘリがバタバタとそこらじゅう撮影する。それが何基もあるから、救助を求める声が聞こえないんですよね。

居島:家屋の中とかね―

百田:そう。意味救助優先の時には報道を自粛する、そういう緊急命令があってもいいかなと思いますね。

引用:虎ノ門ニュース 8時入り![2015/9/15]
報道ヘリは救助活動の邪魔にならないように、もうちょっと遠くで撮影してほしい。
ギャラリー
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「片方だけの意見を取り上げて多数派のように伝える偏った報道姿勢に失望した」 高須クリニックがテレビ朝日「報道ステーション」のスポンサーを降板!
  • 【印象操作】「高齢者は全員不健康」 NHKが敬老の日を前に印象操作
  • 【歪曲】「政府の負債が1000兆円超えてます。だから防衛費増やせません」 朝日新聞が撒き散らす「借金大国日本」デマ
  • 【歪曲】「政府の負債が1000兆円超えてます。だから防衛費増やせません」 朝日新聞が撒き散らす「借金大国日本」デマ
記事検索