捏造、偏向は当たり前!沖縄の平和教育の実態

沖縄が置かれている危うい状況をひた隠し、中韓の非道を報道することもなく、反日報道を続ける沖縄タイムス。その影響は教育現場にまで及んでいます。
ボギー:沖縄タイムスさんが作った資料。これが学校で配られた現物ですね。このような形で―

img_16

ボギー:「家族失い一人ぼっち 苦しい体験心に刻む」と書いてあります。これでもかこれでもかというふうに、戦争の悲惨さを書いています。オスプレイも載っていますね。

img_17

ボギー:家の近くを飛んでいるようなオスプレイの写真を乗っけて、子供達に恐怖を与える。「基地 新たな負担」。新たな負担じゃないんですよ。負担軽減をするために宜野湾から辺野古に移す。それを子供達に説明しない。そして、この「基地被害に怒り反対運動」。

img_21

ボギー:基地被害というのは許しちゃならんですよ。基地被害を認めているわけではないです。駄目なモノは駄目。これをはっきり言いたいんですけどね。「相次ぐ米軍の事件・事故」。

img_18

ボギー:これを載せるくらいなら教職員の事件・事故も一緒に載せたらいいんですよ。どっちが多いのか。どっちが子供達に被害を与えた事件が多いのか載せればいいんですよ。自分達のやったことにほっかむりして、米軍のことばっかり。沖縄の新聞というのは米軍については運転中にマフラーが道に落ちただけで報道しますからね。内容を見てげんなりした。こんなことを教えていますよ。

img_19

ボギー:「十五年戦争」なんですかこれ。こんな言葉があるんですか? 大東亜戦争と書いてあるなら分かりますよ。「十五年戦争」というのは戦後の左翼が作った造語じゃないですか。こんなことを子供の教育に使って、子供達に十五年戦争というのを教えているんですよ。

金城:間違っていることを教えているね。

ボギー:こんなことを学校で教えている。なんですかこの十五年戦争というのは。聞いたことないですよ私は。

金城:平和教育というならば、平和な社会を作っていくにはどうするか。何が必要か。どういう心掛けが必要かということを教えるならばそれはいいですよね。ところが、過去の悲劇だけを見せる。これは平和にはならないですよね。寧ろ敵愾心を起こして、これは平和には、これは逆効果になりますね。

ボギー:これが子供達の教材ですよ。見てください。

img_20

ボギー:「軍隊は民を守らない教訓に」。なんですかこれ。守った人も一杯いるじゃないですか。住民に食料を挙げて自分は米軍に立ち向かっていった兵士も沢山居ますよ。住民を守るために軍があったんじゃないですか。それを一方的な視点から子供達に教えていく。「沖縄戦島銃が戦場に吹き荒れた鉄の暴風」と書いています。私がこれを見る限り、とにかく戦争の悲惨さ。そして軍隊が悪いと、こればかりを、これでもかこれでもかと書いているんですよ。これが沖縄の平和教育の資料。これが学校で子供達に配られている。これは完全な政治思想ビラではないですか。こういう教育は根本から改めるべきだと思っていますよ。

金城:平和教育そのものがなっていない。これは間違っている。

ボギー:本当に戦争を起こしたくないのであれば、悲惨さとか、軍隊はではなく、どうしたら戦争を起こさずに済むのかを教えるのが私は本当の平和教育だと思っています。

金城:なぜ戦争が起きたかを教えるところが無いんですね。なぜ起きたかを分からすことが最も大事。被害だけを言うのが平和教育ではありません。なぜ起きたのかそこから考えることが平和教育の出発点です。それが無いのが可笑しいんです。

ボギー:大東亜戦争によって、アジアが白人支配から解放された。パラオやインドネシア、色々なところで日本に感謝している国が沢山ある。それを教えずに、特亜三国のように、日本が嫌いな国の事だけをさもアジア全体の意見のように教える。これが偏向教育じゃなくてなんて言うんですか。

引用:【沖縄の声】沖教祖と沖縄メディアはグル!沖縄の報道されない教育現場の実態[2015/5/30]
沖縄ではマスゴミと沖教組(沖縄県教職員組合)がグルになって、子供たちに反日教育をしています。

天皇陛下を日常化させるNHKの皇室報道

天皇陛下や皇室に対する、NHKの報道姿勢は年々“雑”になっているように思います。NHKの報道姿勢に対するチャンネル桜の水島総さんのご指摘です。
水島:天皇陛下の御顔をアップで撮りましたよ。距離というのは敬意も表すんですね。取材陣とは20メール以上とか、15メートル以上近づかないでくれと、ずっと言われていたわけです。映像の点で陛下を日常化させていく。尊崇の念を持つ御存在ではないという形にしていく。これも汚いやり方なんですよ。

三宅:日本の中心は皇室であって、皇室の存在が期待に瀕するということは、日本人全体が崩壊の憂き目にあうということを彼らはよく分かっているんですよ。だから攻撃の対象として皇室に対して的を絞って、ずっとこういう報道を繰り返しているんですね。

潮:その番組はコメンテーターも酷かったんですが― 広く一般的に、まず「陛下」と言わないんですよ。天皇については陛下を付ける事も最近は出てきましたが、皇后に付けることはほとんどない。或いは、皇太子その他、「殿下」なんてほとんど聞いたこと無いでしょう。NHKの番組でね。

西村:殿下なんて死語ですよ。

潮:皇室典範で「この人たちは陛下、この人たちは殿下とする」と法律で決まっているんですよね。NHKは公共放送なんですから、法律を守ってくださいと。

水島:共同通信の規範に従うことないんだよね。

潮:「様」とか言うわけですよ。

水島:そうですよ。それでフィリップ殿下とかシアヌーク殿下とか― 他のところは使っておいて、何でうち(日本)だけ使わないんだ。
引用:2/3【緊急討論】反日メディアNHKを暴く![2014/12/16]
皇室典範には以下のように敬称が定められています。
第23条 
天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、陛下とする。
前項の皇族以外の皇族の敬称は、殿下とする
ネットには天皇陛下や皇室に対して「○○さん」とか、「○○ちゃん」などの言葉で溢れています。私達は学校で「天皇陛下は国民統合の象徴である」ということは教わりましたが、なぜ必要なのか、日本国にとってどういう役割を果たしてきたかということについては学びませんでした。これが風紀の乱れに繋がっているのではないでしょうか。

“米軍基地の74%が沖縄にある”は完全なデマ!

基地移転反対派の人間は「米軍基地が沖縄に集中してる」という事を論拠としていますが、実はこれは誤りです。その理由を独立総合研究所の青山繁治さんが解説しています。
青山:ラジオも、テレビも新聞も、NHKだろうが民法だろうが、いまだに「米軍基地の74%が沖縄」と言っているでしょう。NHKがこの間の番組でそう言っていたじゃないですか。ちょっとまってください。前からこの数字はマジックだと。そんなの皆が知っているのに、インターネットというツールがあるんですから。米軍の専用基地だけで言えば74%が集中しているという話しになるんですが― 実は日本にいるアメリカ軍の主力というのは当然自衛隊と一緒にいるんですよ。日米共用基地なんです。なぜか? 日米安保条約ですから。横須賀のアメリカ海軍基地と海上自衛隊は同じ基地にいるわけですよね。

飯田:横須賀も、厚木も、佐世保も皆共用ということですか?

青山:皆、共用ですよ。

飯田:あの母数には入っていないんですよね?

青山:はい。そういうことをちゃんと入れれば沖縄の現状というのは、在日米軍の二十数パーセントになるわけですよね。そういうカラクリを― もう分かっているのに、公共放送と称するNHKも、自由なはずの民法もずっとそれをやる。そういうことにフワフワと乗っかると、こういう知事(翁長雄志)が登場するんです。

飯田:今の話しは、防衛省のホームページにはちゃんと載っているんですよね。なかなかそれが―

青山:防衛省のホームページに載るようになっただけでも前進と言えば前進なんだけど、かつては載って無かったから。でも、国会でそういう論議をちゃんとしているかと言ったら全然やってないです。「74%が集中しいるんです」と言ったら、「いやそれは違うでしょう」と総理が切り返すんじゃなくて、切り返したら沖縄から苦情が出ることを気にして― これは「事実を話しましょう」というだけなんです。イデオロギーとか主義主張の話しじゃないんです。

引用:ザ・ボイス[2014/5/28]
「沖縄には米軍の75%がある」多くのマスコミはそう伝えており、これが沖縄県民に被害者意識を植え付けています。しかし、この数字は実態を表しているとは言えません。75%という数字は、日本にある米軍専用施設が沖縄どのくらいあるかを示したもの。米軍と自衛隊との共用施設を含めた割合は23%前後になります。

反日地方紙の資金源を断つ方法

琉球新報や沖縄タイムスなどの地元紙には、「お悔やみ欄」が設けてあり、故人の名前や逝去日時、告別式の場所や時間が掲載されています。地方ではご近所付 き合いが強いので、このような情報が必要なわけです。新聞やテレビなど多くのメディアは広告収入で成り立っています。広告収入が入ってこなくなればメディ アは大ダメージを受けます。
我那覇:最近、沖縄県内で「沖縄おくやみ情報局」という看板をあちこちで見かけるんですよ。「なんであんなでたらめな新聞見るんだ」と言われるんですけど、これ(お悔やみ情報)に用があるんですよ。共同体には必要な情報なんですけど― それが新聞を見なくても見れるようなのが実はもうあるんです。それが「沖縄お悔やみ情報局」というところで―

img_11

無料で見れますし、無料である程度の情報も載せられます。普通は相場は25万とかするんですけどね。これを見るだけでも、新聞の収入減を減らすことが出来るんですよ。

引用:2/3【緊急討論】反日メディアNHKを暴く![2014/12/6]
同じようなサイトはネットで検索すると沢山出てきます。こうした動きが広がっていくと良いですね。

反日活動に勤しむ“元NHKプロデューサー”池田恵理子

日本を貶める報道を、しかも我々の税金、受信料で長年行ってきたNHK。退職してからも日本に害悪を撒き散らすのは止めてほしいものです。
大高:(NHKを)辞めた人間の中にも、日本に害悪を撒き散らしている人がいて― たとえば、女性戦犯国際法廷のプロデュースにかかわった、池田恵理子さんという女性は、今バウラック(VAWW RAC)に所属して― 昔のバウネット(VAWW-NET)ですね。慰安婦問題のプロパガンダをやっているんですけど、わざわざ中国に行って、「日本は慰安婦問題で悪いことをしたので、パネル展を開かせてくれ」と言って、アプローチしてやっている人物ですよ。彼女の講演会に行って、活動資金は何処から出ているんだと言ったら、「退職金で細々やっている」って― 退職金って私たちの受信料じゃないかということで― 回り回ってそういうことをやっている。

武蔵大学の永田(永田浩三)教授も、元NHKのプロデューサーで、彼も安世鴻(アンセホン)という写真家が慰安婦の写真展をやったときに、それを一生懸命プロデュースして支えていた人物なんですけど― NHKを辞めてからも国を貶める事をやっているというのは問題だと思いますね。

水島:大枚の退職金を貰って自由になるから、一番やりたいことをやっているんですよ。

西村:NHKの職員だった人がそういうことをやっているんじゃなくて、反日活動家がNHKに入っていたんですよ。

柚原:女性戦犯法廷、ジャパンデビューはNHKの社会福祉班が制作しているそうなんですね。NHKを解体的な出直しをさせるんであれば、そこら辺りにもメスを入れていかなければならないということなんでしょうね。

水島:
社会福祉班というと、いかにも生涯を持っている人とか、難病とか、老人とか― 社会的弱者をなんとかしようと、そういう所に入っている人達が女性戦犯法廷とかジャパンデビューとかを作っている。システム自体もかなり問題ですよね。

引用:2/3【緊急討論】反日メディアNHKを暴く![2014/12/6]
2011年8月、北京の中国人民抗日戦争記念館で「日本人は歴史とどう向き合ってきたか~第二次大戦期の日本軍の女性に対する犯罪パネル展」という展示会が開催されました。この展示会は池田恵理子を中心とする日本の市民団体の強い働きかけで実現しました。展示会の目的は「中国人の元慰安婦を集め、日本で裁判を起こす」こと。こんな女が番組を作っていたとは、さすが反日極左マスゴミNHKですね。
img_10
ギャラリー
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「NHKは絶対に義務化反対です。一つは嘘がばれるからです。」 NHKが受信料義務化に反対する2つの理由
  • 「片方だけの意見を取り上げて多数派のように伝える偏った報道姿勢に失望した」 高須クリニックがテレビ朝日「報道ステーション」のスポンサーを降板!
  • 【印象操作】「高齢者は全員不健康」 NHKが敬老の日を前に印象操作
  • 【歪曲】「政府の負債が1000兆円超えてます。だから防衛費増やせません」 朝日新聞が撒き散らす「借金大国日本」デマ
  • 【歪曲】「政府の負債が1000兆円超えてます。だから防衛費増やせません」 朝日新聞が撒き散らす「借金大国日本」デマ
記事検索